でんこま。

Top

茗荷谷

きもの文化検定終了後、茗荷谷駅まで戻る。
e0148824_14312549.jpg

「早稲田から鶴巻町へ出て来るところは、一面の茗荷畑で、早稲田の茗荷と言えば、
 野菜市場にもきこえたものであった。
 私たちはその茗荷畑の中に細く通じて末は雑木林の中へ入って行く路をよく歩いた。
 時にはまた、婆さんがその取り立ての茗荷を籠に入れて負って売りにきた。」
                           田山花袋『東京の三十年』
e0148824_14321267.jpg

現在の茗荷谷駅南側に広がっていたという茗荷畑、早稲田から鶴巻町までもがその範囲だったのだろうか。
また、曲亭馬琴の墓があるという深光寺の前を通ったのだが、今回はそのまま通り過ぎる。
南総里見八犬伝は、さて、いったいどの辺りまで読んだかなぁ?
[PR]
by wpcl_10040 | 2009-10-21 19:09 | 散歩